FOSTEX 関連資料
 
 
FOSTEX はフォスター電機株式会社の自社製品ブランドである。フォスター電機株式会社は OEM の受託を主力としているが、FOSTEX ブランドの育成も積極的に行われている。そしてその FOSTEX ではスピーカーユニットが中心に位置する。1990年代までは、FOSTEX と並び、国産スピーカーユニットメーカーとして「コーラル株式会社」が存在したが、このコーラル株式会社の倒産以後、オーディオファン向けスピーカーユニットメーカーは FOSTEX だけと言っても過言でない状況になっている。

まずこの「国産スピーカーユニットメーカーは FOSTEX だけ」の状況があるため、ALTEC LANSING VOTT MINI-7 改のスピーカーユニットは FOSTEX 製から選定することになった。ALTEC LANSING VOTT MINI-7 のエンクロージャーにより、スピーカーユニットの口径は10cmとなる。FOSTEX には FE103 として発売以来40年以上の歴史を持つ10cmフルレンジの代表たるスピーカーユニットがある。そして現行の機種は FE103En である。

FE103En はコーン紙に ESコーンを採用し、スピーカーユニットの耐久性の弱点であるエッジの材質として、軽量布エッジを用いて、改善を図っている。

ESコーンについて FOSTEX は以下のように説明。
原料となる植物は芭蕉の仲間に属する多年生植物
芭蕉類から取れる繊維は、細く、長くしなやかで物性が良好
芭蕉類繊維は、繊維に澱粉質を含むのが特徴
芭蕉類繊維中の澱粉質が繊維同士の結着を強固にし、従来のパルプにあった繊維同士の擦れによる雑音(紙臭さ)を極少化
澱粉質によりコーン紙の抄紙成型が困難であったが、和紙製造技術を応用しコーン紙としての開発に成功
ESコーンは繊維が細くしなやかで、繊維同士が良く絡み合い、繊維の断面形状が幅広で、アスペクト比が高いため、非常にロスの少ない振動板となり、情報量が飛躍的に増大
 
Table 5 : FE103En の主な仕様  
FE103En 英文資料
 
インピーダンス 8 Ω
f (最低共振周波数)
0
83 Hz
再生周波数帯域
f ~  22 kHz
0
出力音圧レベル 89 dB/W(1m)
入力 15 W(Mus.)
m (等価質量)
0
2.55 g
Q (共振先鋭度)
0
0.33
a (実効振動半径)
4.0 cm
マグネット質量 193 g
総質量 0.58 kg
バッフル開口寸法 Φ 93 mm
標準エンクロージャー方式 バスレフ型
標準エンクロージャー内容積 6 ℓ
 
 
Figure 1 : FE103En のインピーダンス特性
 
Figure 2 : FE103En の標準エンクロージャー寸法
 
A :  φ 92 mm
B :  φ 107 mm
C :  45.5 mm
D :  4-5x 6 mm 長穴
E :  φ 115 mm
F :  Φ 80 mm
G :  43 mm
バッフル
取付穴
:  φ 93 mm
Figure 3 : FE103En の外形寸法
 
その他にも FOSTEX にはスピーカーシステムを理解する、改造する、自作するの、為になるカタログがあります。このカタログの制作コストだけを考えても、FOSTEX はオーディオ機器メーカーとしていかに真摯に取り組んでいるかがわかります。参考資料として 2015年段階の FOSTEX スピーカーコンポーネントカタログも提示しておきます。

 
 |  ALTEC LANSING MINI-7  |  MINI-7 改 仕様  |  ALTEC 資料  |  FOSTEX 資料  |
 
Copyright(C) 2020 Alpena Corporation All Rights Reserved.